絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

登録販売者試験の問題に出るビタミンの覚え方・語呂合わせ・暗記方法

calendar

主に第3章の滋養強壮保健薬からビタミンを中心に、ミネラル、アミノ酸、ビタミン様物質などの成分が出題されます。今回はこれらの成分についての一覧&まとめを作りました。漢方生薬と同じように、成分名・重要なキーワードを一目でわかるようにしています。

このページでは、「特に出題されそうなキーワード」を抜粋している為、試験ではこれら以外のキーワードも出る可能性はあります。それぞれのビタミン等のページへリンクを貼っていますので、より詳しく覚えたい方はそちらのページもご覧ください。

スポンサーリンク

ビタミン成分

脂溶性ビタミン

  • ビタミンA(レチノール)
    夜間視力の維持、夜盲症
    1日分量の上限は4000
    妊婦中・妊娠3ヶ月前の女性は10,000以上→先天異常の危険性
     【語呂合わせ】
    えれチノパン→A(エー)レチノール
  • ビタミンD(カルシフェロール)
    カルシウム吸収、骨の形成、くる病
    【語呂合わせ】
    出か
    るし、風呂ィー)、カルシフ
  • ビタミンE(トコフェロール)
    抗酸化作用、血流を改善、肩・首すじのこり
    【語呂合わせ】
    いいところイー)、トコフェール

  • ビタミンK(フィトナジオン)
    歯槽膿漏薬→止血成分:歯周組織からの出血を抑える
    (第2章の範囲)大腸の腸内細菌がビタミンKを産生

水溶性ビタミン

  • ビタミンB1(チアミン)
    炭水化物の代謝
    腸管運動促進
    神経痛、眼精疲労脚気の緩和
    【語呂合わせ】
    琵琶湖(びわこ)のチアガール→B1びーわん)、チアミン
  • ビタミンB2(フラビン)
    脂質の代謝
    口内炎赤鼻目の充血の緩和
    尿が黄色くなる→直ちに使用を中止する必要はない
    【語呂合わせ】
    ビッツふらり→B2びいつー)、フラビン
  • ビタミンB6(ピリドキシン)
    タンパク質の代謝
    口内炎手足のしびれの緩和
    貧血用薬→ヘモグロビン産生に必要
    【語呂合わせ】
    ビームを浴びてピリピリドキドキ!→B6(びーむ(六))ピリドキシン

  • ビタミンB12(コバラミン)
    赤血球の形成を助け、神経機能を正常に保つ
    【語呂合わせ】
    12時だ、小腹(こばら)が空いた→B12コバラミン
  • ビタミンC(アスコルビン)
    抗酸化作用メラニンの産生を抑える
    しみ、そばかす、歯ぐきからの出血の予防
    貧血用薬→鉄が吸収されやすい状態に保つ
    歯槽膿漏薬→コラーゲン代謝を改善、歯周組織の修復を助ける
    【語呂合わせ】
    少しアスコルビン、C(シー)
  • ナイアシン(ニコチン酸アミド、ニコチン酸)
    皮膚や粘膜の機能を維持を助ける

  • パントテン酸カルシウム(パンテノール)
    皮膚や粘膜の機能を維持を助ける
    眼科用薬→目の調節機能の回復を促す

  • ビオチン
    皮膚や粘膜の機能を維持を助ける

その他(ミネラル・アミノ酸・ビタミン様物質など)

基本的には、第3章の滋養強壮保健薬で出題されるものをまとめています。
*貧血用薬については、下記のまとめページからご覧ください。
貧血用薬の成分まとめ・覚え方・暗記方法

  • カルシウム
    骨や歯の形成
    甲状腺ホルモンの吸収を阻害するおそれ→甲状腺機能障害に注意
    胃腸薬→制酸、止瀉

  • システイン
    髪や爪、肌などに存在するアミノ酸
    メラニンの生成を抑える、新陳代謝を活発にしてメラニンの排出促進→しみ、そばかすに
    アルコールを分解→二日酔いに

  • アミノエチルスルホン酸(タウリン)
    筋肉や脳、心臓、目、神経等、体のあらゆる部分に存在
    細胞の機能が正常に働くために重要
    肝臓機能を改善

  • アスパラギン酸
    滋養強壮保健薬→エネルギーの産生効率を高める、乳酸の分解促進
    眼科用薬→新陳代謝を促し、目の疲れを改善

  • ヘスペリジン
    ビタミンCの吸収を助ける

  • コンドロイチン硫酸ナトリウム
    軟骨組織の主成分、軟骨成分を形成・修復
    関節痛、筋肉痛等の改善
    ビタミンB1と組み合わせて配合
    眼科用薬→結膜や角膜の乾燥を防ぐ

  • グルクロノラクトン
    肝臓の働きを助け、肝血流を促進
    全身倦怠感や 疲労時の栄養補給

  • ガンマ-オリザノール
    米油・米胚芽油から発見→抗酸化作用
    ビタミンEと組み合わせて配合

  • カルニチン塩化物
    胃液分泌を促す、胃の運動を高める、胃壁の循環血流を増す
    胃の働きの低下や食欲不振の改善
    胃腸薬(健胃成分)や滋養強壮保健薬に用いられる