絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

アゼラスチン・抗ヒスタミン成分の覚え方

calendar

スポンサーリンク

作用

抗ヒスタミン成分(第二世代)
*抗コリン作用も示す

主に配合される薬の分類

内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬)

覚えておきたいこと

  1. 内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬)
    ヒスタミンが受容体と反応するのを妨げることにより、ヒスタミンの働きを抑える
    鼻汁分泌やくしゃみを抑える
  2. (抗ヒスタミン成分共通の副作用)
    ①眠気
    ②抗コリン作用
    示す→排尿困難、口渇、眼圧上昇、便秘

絵で覚える


↑スプレーみたいなもので受容体からヒスタミンを引き離している・・w

主な使用上の注意の記載とその対象成分・薬効群等(第5章対策)

■してはいけないこと

  • 「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」
    *眠気

■相談すること

  • 「次の症状がある人」
    *排尿困難
  • 「次の診断を受けた人」
    *緑内障

ひと言

ジフェニルピラリン塩酸塩と同じく内服アレルギー用薬(鼻炎用内服薬)だけです。