絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

ベルベリン硫酸鉛・抗炎症成分の覚え方

calendar

スポンサーリンク

作用

抗炎症成分

主に配合される薬の分類

眼科用薬

覚えておきたいこと

  1. 抗炎症作用を期待して用いられる
  2. 抗菌作用もある
  3. 同系であるベルベリン塩化物、タンニン酸ベルベリンの解説はリンクからご覧ください

絵で覚える


↑ベルベリンの「ベル」を「非常ベル」とかけました。
非常ベルが鳴る→消防車出動→消化活動というイメージが、「抗炎症」を表している・・つもりw

ひと言

ベルベリン塩化物、タンニン酸ベルベリンはかなり頻出ですが、こちらは超マイナーです。まあ、ベルベリンには抗炎症作用と抗菌作用を併せ持つと覚えれば大丈夫でしょう。