絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

消化器系/大腸【第2章の覚え方】

calendar

スポンサーリンク

大腸

  1. 盲腸虫垂上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸直腸からなる
  2. 絨毛がない
  3. 水分ナトリウムカリウムリン酸等の電解質の吸収が行われ、固形状の糞便が形成
  4. 大腸では消化はほとんど行われない
  5. 大腸の粘膜から分泌される粘液(大腸液)は、便塊を粘膜上皮と分離しやすく滑らかにする
  6. 大腸内には腸内細菌が多く存在し、腸管内の食物繊維を発酵分解する
  7. 大腸の粘膜上皮細胞は、腸内細菌が食物繊維を分解して生じる栄養分を、その活動に利用しており、大腸が正常に働くには、腸内細菌の存在が重要
  8. 大腸の腸内細菌は、 血液凝固や骨へのカルシウム定着に必要なビタミンK等の物質も産生。なお、腸内細菌による発酵で、糞便の臭気の元となる物質やメタン、二酸化炭素等のガスが生成
  9. 糞便の大半は水分腸壁の残骸15~ 20%腸内細菌の死骸10~15%食物のかすは約5%に過ぎない
  10. 直腸は、大腸の終末の部分で、肛門へと続いている。通常、糞便は下行結腸、S状結腸に滞留し、直腸は空になっている。S状結腸に溜まった糞便が直腸へ送られてくると、その刺激に反応して便意が起こる

ポイント

大腸には絨毛はありません。小腸と異なる大きな点ですね。
💩の大半は水分食べ物かすは5%だけ!