絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

大柴胡湯(だいさいことう)[肥満症]【漢方の覚え方】

calendar

reload

大柴胡湯(だいさいことう)[肥満症]【漢方の覚え方】

適応する症状

肥満症、胃炎、常習便秘など

配合される生薬

サイコハンゲオウゴンシャクヤクタイソウ、キジツ、ショウキョウダイオウ

覚えておきたいこと

体力が充実して脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの胃炎常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こリ・頭痛・便秘、神経症、肥満症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。構成生薬としてダイオウを含む。
まれに重篤な副作用として肝機能障害、間質性肺炎が起こることが知られている。

絵で覚える


⭐️ずっと便秘(常習便秘)に悩んでいる・・それに肥満症のあなたに!
⭐️胃炎も患ってたりします・・そんな人に!
🙅ダイオウを含むので、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用に注意><
🙅重篤な副作用・・・肝機能障害、間質性肺炎
🌿ダイオウ

●イラストは、とにかく太っている人を描いてみました(・・;)胃は悲鳴をあげていますが、この人が押さえつけているわけじゃなくて、もともと胃炎を患わしているんです・・。
左下にいるのは、小柴胡湯でおなじみのサイコくん。

ひと言

大柴胡湯のキーワードは、”常習便秘”、”胃炎”、”脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく”の3つですね!これで他の肥満症に適す漢方と区別をしましょう!