絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

ヒドロコルチゾン酢酸エステル・ステロイド性成分の覚え方

calendar

reload

ヒドロコルチゾン酢酸エステル・ステロイド性成分の覚え方

スポンサーリンク

作用

ステロイド性成分・抗炎症成分

主に配合される薬の分類

痔疾用薬、外皮用薬

覚えておきたいこと

  1. 痔による肛門部の炎症や痒みを和らげる
  2. 末梢組織(患部局所)における炎症を抑える作用痒みや発赤などの皮膚症状を抑える
  3. 副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)と共通する化学構造をもつ
  4. 末梢組織の免疫機能を低下させる細菌、真菌、ウイルス等による皮膚感染や持続的な刺激感のおそれ
  5. 水痘(水疱瘡)、みずむし、たむし等又は化膿している患部への使用は、症状を悪化させるおそれ
  6. 体の一部分に生じた一時的な皮膚症状(ほてり・腫れ・痒み等)の緩和広範囲に使用しない
  7. コルチゾンに換算して1g又は1mL 中 0.025mg を超えて含有する製品では、特に長期連用を避ける
  8. 短期間の使用でも、適用部位を限る等、過度の使用を避ける

絵で覚える


↑効力が強いステロイドなので、攻撃力の高い戦士のイメージ・・です(^^;;
広範囲には使用しちゃダメです

主な使用上の注意の記載とその対象成分・薬効群等(第5章対策) 

してはいけないこと

  • 「長期連用しないこと」
    *副腎皮質の機能低下を生じるおそれ があるため
  • 「次の症状がある人」
    *患部が化膿している人
    *次の部位には使用しないこと:水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部

ひと言

ヒドロコルチ”ゾン””ゾン”、”ゾロン”がつくものはステロイド!!