絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

葛根湯(かっこんとう)[かぜ]【漢方の覚え方】

calendar

reload

葛根湯(かっこんとう)[かぜ]【漢方の覚え方】

適応する症状

かぜ、肩こりなど

配合される生薬

カッコンマオウ、ショウキョウ、タイソウ、ケイヒ、シャクヤクカンゾウ

覚えておきたいこと

体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
まれに重篤な副作用として肝機能障害、偽アルドステロン症を生じることが知られている。

絵で覚える


⭐️体力のある人(中等度以上)でかぜをひいたら最適!
⭐️肩こりにも効くよ^^
🙅汗をかいてる人や虚弱な人には合わないよ><
🌿カンゾウマオウ

●イラストのテーマは、葛根湯の名前にもある配合される生薬のカッコンです( ◠‿◠ )かぜに適するからマスクをつけてます〜

ひと言

おそらく一番有名な漢方ですよね。かぜには葛根湯!と思って、私もかぜひいたときに漢方をチョイスするならもっぱら使ってました。でも、誰に向くのか、どんな状態で使うのか・・とか色々あるんですねぇ。