絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)[不眠症・神経症]【漢方の覚え方】

calendar

reload

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)[不眠症・神経症]【漢方の覚え方】

適応する症状

不眠症・神経症など

配合される生薬

ケイヒシャクヤクタイソウショウキョウカンゾウ、リュウコツ、ボレイ

覚えておきたいこと

体力中等度以下で疲れやすく、興奮しやすいものの神経質、不眠症、小児夜泣き、夜尿症、眼精疲労、神経症に適すとされる。

絵で覚える


⭐️小児の疳に使われるよ〜
⭐️おねしょ(夜尿症)しやすい子は使ってみてね!
🌿カンゾウ

●イラストは、今回も「リュウコツ」が入るので竜をイメージしてます。おねしょに適す漢方なので、竜がおねしょで濡らした布団を乾かそうとしていますw
ちなみに、竜に乗っかっているのは桂枝湯です。桂枝湯をベースにリュウコツとボレイをプラスした漢方なので・・。

ひと言

柴胡加竜骨牡蛎湯と名前や小児の疳に適応することなど似ている部分もありますが、登録販売者試験で重要視される生薬「カンゾウ、ダイオウ」の配合の有無がそれぞれの漢方で異なります。

柴胡加竜骨牡蛎湯➡︎ダイオウ
桂枝加竜骨牡蛎湯➡︎カンゾウ

一度確認してみてください(°▽°)