絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

循環器系/血小板【第2章の覚え方】

calendar

スポンサーリンク

血小板

  1. 損傷した血管の損傷部位に粘着、凝集して傷口を覆う
  2. 血小板から放出される酵素によって血液を凝固させる一連の反応が起こり、血漿タンパク質の一種であるフィブリノゲンが傷口で重合して線維状のフィブリンとなる
  3. フィブリン線維に赤血球や血小板などが絡まり合い、血の凝固物となって傷口をふさぎ、止血される

ポイント

血小板は止血に関与する身近で覚えやすい細胞ですね
フィブリノゲン、フィブリンの記述は逆転しないように覚えましょう!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください