絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

九州H23)登録販売者試験過去問 漢方・生薬の問題解説/出題傾向

calendar

reload

九州H23)登録販売者試験過去問 漢方・生薬の問題解説/出題傾向

九州・沖縄ブロックの平成23年度(2011年)の登録販売者試験の問題(過去問)について、第3章の漢方・生薬からの出題を解説します。

スポンサーリンク

当ページについて

  • 試験問題や回答については下記の福岡県のwebサイトからこれらを確認し、解説等を作成しています。福岡県ホームページ(登録販売者試験に関するページ)*実際の過去問のPDFも無料で取得できます。福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県共通した問題です。
  • このページでは、漢方および生薬に関するものに焦点を当てて解説しています。従いまして、問題については一部を抜粋したものとなっております。
  • 過去問の回答を含んでいますのでご了承の上閲覧ください。
  • 平成23年度の試験問題の解説のため、試験作成に関する手引き(平成 28 年 3 月正誤表反映版)に記載のある言い回し(漢方の説明など)とは若干異なる点がある場合がございます(誤りではありません)。それぞれの漢方や生薬のリンクページに記載のあるものは、試験作成に関する手引き(平成 28 年 3 月正誤表反映版)に基づいて解説しているものとなっていますので、気になる場合にはそちらをご参照ください。

漢方・生薬 問題の出題傾向

漢方・生薬から15問出題されています。
そのうち、全問漢方についての問いが問出題全問生薬についての問いが3問、その他項目を合わせた複合問題9問でした。

生薬に関する問題が非常に多いですね。強心薬の生薬成分はド定番の頻出なので完全に覚えましょう。健胃薬の生薬について苦味・香り(芳香)それぞれどちらに属するかもきちんと覚えておきたいところ。

下記のページでも漢方の出題パターンをまとめていますので、よかったらご活用ください!試験で漢方・生薬を捨てるのはもったいないですので、苦手意識のある方も是非^ ^

問62

解熱鎮痛薬の成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)アスピリンは医療用医薬品では、血栓ができやすい人に対する血栓予防薬の成分として用いられている。

イ)アセトアミノフェンは、他の解熱鎮痛成分に比べて、胃腸障害が起こりやすいとされている。

ウ)イブプロフェンは、体内でのプロスタグランジンの産生を抑える作用により、消化管粘膜の防御機能を低下させる。

エ)シャクヤクは、鎮痛鎮痙作用、鎮静作用を示し、内臓の痛みにも用いられる。

**アイウエ
1正正誤誤
2正誤正正
3誤正正正
4誤誤正誤
5誤誤誤正

正答 2

エ)シャクヤクは、正しい記述です。”内臓の痛み”にも用いられることがポイントです。

問64(全問生薬)

以下の健胃薬に含まれる生薬成分のうち、香りによる健胃作用を期待して用いられる成分を一つ選びなさい。

  1. オウバク
  2. センブリ
  3. ゲンチアナ
  4. ユウタン
  5. ケイヒ

正答 5

1〜4までの生薬はすべて苦味による健胃作用を持つものです。この問いではケイヒのみが香り(芳香)による健胃作用ですね。

*健胃成分のまとめは下記ページで解説しています。
胃薬の成分まとめ・覚え方④健胃成分

問65(全問漢方)

以下の記述に当てはまる漢方処方製剤として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。

比較的体力があり、のぼせぎみで顔色が赤く、いらいらする傾向のある人における、鼻出血、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、動悸の症状に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)では不向きとされる。 鼻出血、二日酔いに用いられる場合には、漫然と長期の使用は避け、5~6回使用して 症状の改善がみられないときは、いったん使用を中止して専門家に相談することが望 しい。

  1. 大柴胡湯(だいさいことう)
  2. 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
  3. 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
  4. 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
  5. 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

正答 2

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)についての記述です。頻出ですね。正解を導き出すキーワードは”二日酔い”です!

他の漢方については各リンク先のページをご覧下さい。

問68

アレルギー用薬に関する以下の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

  1. 塩酸プソイドエフェドリンは、他のアドレナリン作動成分に比べて中枢神経系に対する作用が弱く、副作用として不眠や神経過敏が現れることはない。
  2. 塩酸ジフェンヒドラミンは、抗ヒスタミン作用以外に抗コリン作用も示すた 、排尿困難等の副作用が現れることがある。
  3. フマル酸クレマスチンは、交感神経系を刺激して鼻粘膜の血管を収縮させることによって、鼻粘膜の充血 腫れを和らげることを期待して用いられる。
  4. ベラドンナは、その根茎や根に、交感神経系の働きを抑える作用を示すアルカロイドを豊富に含む。

正答 2

ベラドンナは抗コリン成分ですので、”副”交感神経の働きを抑える作用ですね。典型的はひっかけ問題ですが、しっかりと問題を読めば楽勝です4は誤りです。

問69(全問漢方)

以下の記述に当てはまる漢方処方製剤として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。

疲れやすく、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿で、ときに口渇がある人における、下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、 痒み、排尿困難、頻尿、むくみの症状に適すとされるが、胃腸の弱い人、下痢しやすい人では、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢の副作用が現れるおそれがあるため使用を避ける必要があり、また、のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人では、のぼせ、動悸等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

  1. 八味地黄丸(はちみじおうがん)
  2. 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
  3. 麻黄湯(まおうとう)
  4. 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
  5. 猪苓湯(ちょれいとう)

正答 1

排尿異常に適応する漢方についての問題です。まず、麻黄湯(まおうとう)は主にかぜ、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)は皮膚疾患に適応する漢方なのでこれらは省かれるます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)猪苓湯(ちょれいとう)はすべて排尿異常について適応する漢方ですが、この記述だと八味地黄丸(はちみじおうがん)が適切ですね。”四肢が冷えやすく、多尿”がキーワードでしょうか。これは結構難しい問題です・・。

問70(全問生薬)

強心薬に配合されている成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ 選びなさい。

ア)センソが配合された丸薬、錠剤等の内服固形製剤は、口中で噛み砕いて服用するほうがよい。

イ)ジャコウは、強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる等の作用があるとされる。

ウ)リュウノウは、中枢神経系の刺激作用による気つけの効果を期待して用いられる。

エ)シンジュは、心筋に直接刺激を与え、その収縮力を高める作用を期待して用いられる。

**アイウエ
1正正誤誤
2正誤正正
3誤正正誤
4誤正誤正
5誤誤誤誤

正答 3

ア)センソは口中で噛み砕くと舌が麻痺しますね・・カエルの毒腺の分泌物を噛み砕くなんて恐ろしい・・。この記述は誤り。

エ)シンジュは、鎮静作用です。あくまでも強心成分の働きを助ける成分であり、強心成分(心筋に直接刺激を与え、その収縮力を高める作用)ではありません。従ってこの記述は誤りです。

イ)ジャコウ、ウ)リュウノウの記述は正しいです。

問71

鎮咳去痰薬に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)リン酸コデインは、依存性がある成分であり、長期連用 大量摂取によって 倦怠感 虚脱感、多幸感等が現れることがある。

イ)塩酸メチルエフェドリンは、気道粘膜からの粘液分泌を促進する作用を示す。

ウ)塩化セチルピリジニウム等の殺菌消毒成分が配合されているトローチ剤やドロップ剤は、噛み砕いて飲み込むほうが、より殺菌消毒作用が期待できる。

エ)キョウニンは、体内で分解されて生じた代謝物の一部が、延髄 の呼吸中枢、咳 嗽中枢を鎮静させる作用を示すとされる。

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

正答 2

エ)キョウニンは正しい記述です。

問72

以下の口腔咽喉薬に含まれる成分のうち、 咽頭部の炎症を和らげることを目的として通常用いられるものを一つ選びなさい。

  1. 塩化ベンゼトニウム
  2. 塩酸クロルヘキシジン
  3. 塩化デカリニウム
  4. 塩化リゾチーム
  5. ハッカ

正答 4

ハッカ口腔咽喉薬には芳香による清涼感等を目的として配合されるので、この問いにふさわしいものではありません。

問82(全問生薬)

鎮咳去痰薬に配合される生薬成分に関する以下の組 合わせについて、誤っているものを一つ選びなさい。

  1. ゴミシ -マツブサ科のチョウセンゴミシの果実を用いた生薬で、鎮咳作用を期待して用いられる。
  2. オウヒ -バラ科のヤマザクラ又はその同属植物の樹皮を用いた生薬で、去 痰作用を期待して用いられる。
  3. セキサン -メギ科のナンテンの果実を用いた生薬で、鎮咳作用を期待して用いられる。
  4. バクモンドウ -ユリ科のジャノヒゲ又はその同属植物の根の膨大部を用いた生薬で、鎮咳 、去痰 、滋養強壮等の作用を期待して用いられる。
  5. オンジ -ヒメハギ科のイトヒメハギの根を用いた生薬で去痰 作用を期待して用いられる。

正答 3

セキサン はヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられます。
3はナンテンジツの記述です。

問84

鎮咳去痰薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)塩酸トリメトキノールは、交感神経を刺激して気管支を拡張させ、呼吸を楽にして 咳や喘息の症状を鎮める。

イ) 鎮咳成分である臭化水素酸デキストロメトルファンは、延髄の咳嗽中核に作用する。

ウ)グアイフェネシンは、気道の炎症を和らげる抗炎症成分である。

エ)カンゾウは、大量に摂取すると、偽アルドステロン症を起こすおそれがあるため、注意が必要である。

**アイウエ
1正正正誤
2正正誤正
3正誤誤正
4誤正誤誤
5誤誤正正

正答 2

エ)カンゾウは、正しい記述です。

問87(全問漢方)

以下の漢方処方製剤のうち、カンゾウを含まないものを一つ選びなさい。

  1. 香蘇散(こうそさん)
  2. 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  3. 桂枝湯(けいしとう)
  4. 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
  5. 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

正答 5

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)がカンゾウを含まないという問題は定番中の定番です。漢方は捨てる!っていう人でも必ず覚えてそうなくらいに・・

問88

瀉下薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)ピコスルファートナトリウムは、胃や小腸では分解されないが、大腸に生息する腸内細菌によっ て分解されて、大腸への刺激作用を示す。

イ)ヒマシ油は、防虫剤殺鼠剤を誤って飲み込んだ場合のような脂溶性の物質による中毒に効果的である。

ウ)センナが配合された瀉下薬は、吸収された成分の一部が乳汁中に移行することで乳児に下痢を生じるおそれがあるため、母乳を与える女性では使用を避けるか、又は使用期間中の授乳を避ける必要がある。

エ)酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることにより糞便中の水分量を増し、排便を促す。

**アイウエ
1正正正正
2正正誤誤
3正誤正正
4誤誤正誤
5誤誤誤正

正答 3

イ)ヒマシ油は防虫剤や殺鼠剤などの脂溶性物質を誤飲した場合には使用してはいけません。ナフタレンやリン等がヒマシ油に溶け出して、中毒症状を増悪させるおそれがあるようです。従ってこの記述は誤りです。

ウ)センナは正しい記述です。

問91

皮膚に用いる薬に関する以下の組み合わせについて、正しいものを一つ選びなさい。

  1. 塩酸ナファゾリン – 患部の 蛋白質と結合して皮膜を形成し、皮膚を保 護する。
  2. ポリエチレンスルホン酸ナトリウム – 損傷皮膚の組織修復を促す。
  3. ニコチン酸ベンジル- 創傷面からの出血を抑える。
  4. 酸化亜鉛- 患部局所の血行を促す。
  5. ユーカリ油– 皮膚表面に冷感刺激を与え、反射的な血管の拡張による患部の血行を促す。

正答 5

ユーカリ油は正しい記述です。その他にも歯痛用薬(外用)の局所麻酔成分もあり、冷感刺激を与えて知覚神経を麻痺させることによる鎮痛・鎮痒の効果を期待して用いられることがあります。

また、ユーカリは芳香による清涼感等を目的として、口腔咽喉薬、うがい薬(含嗽薬)に使われることもあります。

問93

毛髪用薬に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

  1. 毛髪用薬は、脱毛の防止、育毛、ふけや痒みを抑えること等を目的とした のである。
  2. チクセツニンジンは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。
  3. 「壮年性脱毛症」「円形脱毛症」等の疾患名を掲げた効能・効果は、医薬品においてのみ認められている。
  4. 毛髪用薬として、女性ホルモン成分が配合されていることがある。

正答 2

チクセツニンジンは、毛髪用薬には血行促進、抗炎症を期待して用いられます。
2はカシュウの記述です。

問95

胃腸に作用する薬に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)健胃薬や整腸薬には医薬部外品として製造販売されている製品はない。

イ)健胃薬は、胃液の分泌 亢 進による胃酸過多 、それに伴う吐き気等の症状を緩和することを目 的とする。

ウ)消化薬は、炭水化物、脂質、 蛋 白質等の分解に働く酵素を補う等により、胃 腸の内容物の消化を助けることを目的とする。

エ)過剰な胃液の分泌を抑える作用を期待して、ロートエキスが配合されている場合がある。

1(ア、イ)  2(ア、ウ)  3(イ、エ)  4(ウ、エ)

正答 4

エ)ロートエキス抗コリン成分なので胃液の分泌を抑制しますね。従って正しい記述です。