絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

九州H24)登録販売者試験過去問 漢方・生薬の問題解説/出題傾向

calendar

reload

九州H24)登録販売者試験過去問 漢方・生薬の問題解説/出題傾向

九州・沖縄ブロックの平成24年度(2012年)の登録販売者試験の問題(過去問)について、第3章の漢方・生薬からの出題を解説します。

スポンサーリンク

当ページについて

  • 試験問題や回答については下記の福岡県のwebサイトからこれらを確認し、解説等を作成しています。福岡県ホームページ(登録販売者試験に関するページ)*実際の過去問のPDFも無料で取得できます。福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県共通した問題です。
  • このページでは、漢方および生薬に関するものに焦点を当てて解説しています。従いまして、問題については一部を抜粋したものとなっております。
  • 過去問の回答を含んでいますのでご了承の上閲覧ください。
  • 平成24年度の試験問題の解説のため、試験作成に関する手引き(平成 28 年 3 月正誤表反映版)に記載のある言い回し(漢方の説明など)とは若干異なる点がある場合がございます(誤りではありません)。それぞれの漢方や生薬のリンクページに記載のあるものは、試験作成に関する手引き(平成 28 年 3 月正誤表反映版)に基づいて解説しているものとなっていますので、気になる場合にはそちらをご参照ください。

漢方・生薬 問題の出題傾向

漢方・生薬から12問出題されています。
そのうち、全問漢方についての問いが問出題全問生薬についての問いが1問、その他項目を合わせた複合問題6問でした。

出題的には少なく、基本を抑えれば解ける問題は多いです。ただ、中黄膏(ちゅうおうこう)という外用剤に使われるマニアックな漢方についての問いや漢方用語についての正誤問題があったので、広範囲な漢方の知識が必要な場面も少しですがありました。

下記のページでも漢方の出題パターンをまとめていますので、よかったらご活用ください!試験で漢方・生薬を捨てるのはもったいないですので、苦手意識のある方も是非^ ^

問61(全問漢方)

以下の記述に当てはまる漢方処方製剤として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。

かぜのひき始めから数日たって微熱があり、寒気や頭痛、吐き気がする等のかぜの後期の症状に適するとされる。

  1. 葛根湯(かっこんとう)
  2. 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
  3. 桂枝湯(けいしとう)
  4. 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
  5. 麻黄湯(まおうとう)

正答 4

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)が正しい記述です。キーワードは”かぜの後期の症状”です。

問62

以下のかぜ薬に配合される成分のうち、解熱鎮痛成分の組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)セネガ

イ)エテンザミド

ウ)リン酸コデイン

エ)イソプロピルアンチピリン

1(ア、イ) 2(ア、ウ) 3(イ、エ) 4(ウ、エ)

正答 3

ア)セネガはかぜ薬に配合される解熱鎮痛成分ではなく、鎮咳去痰薬に配合される去痰作用です。

問66(全問生薬)

以下の泌尿器用薬の成分のうち、尿路の殺菌消毒効果を期待して用いられる ものとして、正しいものを一つ選びなさい。

  1. ブクリョウ
  2. ソウハクヒ
  3. キササゲ
  4. サンキライ
  5. ウワウルシ

正答 5

ウワウルシは正しい記述です。

他の生薬については各リンク先のページをご覧下さい。

問67

睡眠障害とその改善薬(催眠鎮静薬)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)塩酸ジフェンヒドラミンは、慢性的に不眠症状がある人への使用に適している。

イ)ブロムワレリル尿素を含有する催眠鎮静薬とアルコールを摂取すると、その効き目が半減するおそれがあるため、服用する場合は飲酒を避ける必要がある。

ウ)睡眠障害が慢性的に続く場合は、鬱 病等の精神神経疾患 催眠鎮静薬の使いすぎによる不眠等の可能性もあるため、医療機関の受診が望ましい。

エ)加味帰脾湯(かみきひとう) 、 抑肝散(よくかんさん)などの漢方処方製剤は、症状の原因となる体質の改善を主眼としているので、比較的長期間(1ヶ月位)服用されることがある。

**アイウエ
1正正誤正
2正誤正誤
3誤正正正
4誤正誤誤
5誤誤正正

正答 5

エ)加味帰脾湯(かみきひとう) 、 抑肝散(よくかんさん)の記述は正しいです。

問73(全問漢方)

以下の記述に当てはまる漢方処方製剤として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。

胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人における、胃炎、胃アトニー、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、 嘔 吐に適すとされる。まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。

  1. 安中散(あんちゅうさん)
  2. 人参湯(にんじんとう)
  3. 平胃散(へいいさん)
  4. 麻子仁丸(ましにんがん)
  5. 六君子湯(りっくんしとう)

正答 5

六君子湯(りっくんしとう)の記述です。キーワードは”胃腸が弱く、食欲がなくみぞおちがつかえて”という箇所です。

問74

腸の薬に配合される代表的な成分とその期待される作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

成分 – 作用

ア)アセンヤク – 整腸作用

イ)次硝酸ビスマス – 殺菌作用

ウ)クレオソート – 収斂作用

エ)乳酸カルシウム – 吸着作用

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

正答 2

ア)アセンヤク – 整腸作用は正しい組み合わせですね。

問75

腸の薬の相互作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組 合わせを下から一つ選びなさい。

ア)駆虫薬とヒマシ油を併用すると、駆虫成分が腸管内にとどまらず吸収され すくなり、全身性の副作用を生じる危険性が高まるため、併用は避けることとされている。

イ)生菌成分が配合された整腸薬に、腸内殺菌成分が配合された止瀉薬が併用された場合、生菌成分の働きが腸内殺菌成分によって弱められる。

ウ)腸内細菌による分解を受けて作用する成分が配合された瀉下薬に、生菌成分が配合された整腸薬が併用された場合、瀉下作用が強く現れたり、副作用を生じやすくなるおそれがある。

エ)複数の瀉下薬を併用すると、激しい腹痛を伴う下痢や下痢に伴う脱水症状等を生じるおそれがあり、瀉下薬を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避けることとされている。

**アイウエ
1正正正正
2正正誤誤
3正誤正誤
4誤誤正誤
5誤誤誤正

正答 1

ヒマシ油は正しい記述です。頻出の生薬です。

問81

婦人薬及びその配合成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)エストラジオールは、妊婦又は妊娠していると思われる女性は使用を避ける必要がある。

イ)オウレンは、鎮痛鎮痙作用、鎮静作用を示し、内臓の痛みに用いられる。

ウ)胃腸症状に対する効果が期待されるダイオウは、吸収された成分の一部が乳汁中に移行するた 、使用期間中の授乳を避ける必要がある。

エ)妊娠・授乳期の体力低下時におけるビタミン補給を目的として 摂取されるシアノコバラミンは、摂取により尿が黄色くなることがある。

1(ア、イ) 2(ア、ウ) 3(イ、エ) 4(ウ、エ)

正答 2

イ)オウレンは、苦味による健胃作用婦人薬では胃腸症状に対する効果を期待して配合される生薬です。鎮痛鎮痙作用、鎮静作用を示し、内臓の痛みに用いられるという記述は誤りで、これはシャクヤクの記述ですね。

ウ)ダイオウについては正しい記述です。

問89(全問漢方)

漢方処方製剤及び患者の証(体質及び症状)に関する以下の記述のうち、正しい のの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア)小柴胡湯(しょうさいことう)とインターフェロン製剤の相互作用のように、医療用医薬品との相互作用も知られている。

イ)漢方処方を構成する生薬には、複数の処方で共通しているものもあり、同じ生薬を含む漢方処方製剤が併用された場合、作用が強く現れたり、副作用を生じやすくなる恐れがある。

ウ)実証とは、体内の臓器を働かせるエネルギーの貯蔵量が少ない体質(体力の衰えている人、体の弱い人)のことを言う。

エ)用法用量において適用年齢の制限が設けられていない場合は、どの年齢で 使用することができることとなっている。

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

ア)小柴胡湯(しょうさいことう)の記述は正しいです。これは第5章でよく問われる問題ですね。小柴胡湯(しょうさいことう)とインターフェロン製剤はセットで覚えましょう。

ウ)の”体力の衰えている人、体の弱い人”を刺す漢方用語は”虚証”です。”実証”とはその逆に体力が過剰になっている状況を指します。従ってこの記述は誤りです。

エ)は常識で解ける問題です。

正答 1

問90(全問漢方)

以下の記述に当ては る漢方処方製剤として最も適切なものを一つ選びなさい。

虚弱体質で肩がこり、疲れやすく、精神不安等の精神神経症状、ときに便秘の傾向のある女性における冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症に適すとされる。

正答 3

これは加味逍遙散(かみしょうようさん)の記述です。月経に伴う症状の適応があるものはこれのみです。”精神不安等の精神神経症状”もこの漢方のキーワードですので合わせて覚えておくと良いでしょう。

残りの漢方の適応は以下のとおり

問95

歯槽膿漏薬に含まれる成分と期待される効果に関する以下の関係の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

成分 ー 効果

ア)カミツレ – 止血

イ)塩化セチルピリジニウム – 殺菌消毒

ウ)イソプロピルメチルフェノール – 殺菌消毒

エ)カルバゾクロム -止血

**アイウエ
1正正誤正
2正誤正正
3正誤正誤
4誤正正正
5誤誤誤誤

正答 4

ア)カミツレ – 止血ではありません。歯槽膿漏薬では抗炎症、抗菌などの作用を期待されます、その他にも、かぜ薬では発汗、抗炎症等の作用を期待して用いられることがあります。よってア)の記述は誤りです。

問97

 外皮用薬及びその使用方法に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選 びなさい。

ア)一般的に、表皮の角質層が柔らかくなることで有効成分が浸透しやすくなることから、入浴後に用いるのが効果的である。

イ)中黄膏(ちゅうおうこう)は、急性化膿性皮膚疾患(腫れ物)の初期、打ち身、捻挫に適すとされるが、傷口が化膿している場合、患部が広範囲の場合には不向きとされる。

ウ)みずむし薬の剤型は、じゅくじゅくと湿潤している患部には、液剤が適すとされる。

エ)インドメタシンは、過度に使用して 鎮痛効果が増すことはなく、またその場合の安全性は確認されていないため、まとめ買いや頻回に購入する購入者に対して、注意を促していくことが重要である。

**アイウエ
1正正正正
2正正誤正
3正誤正誤
4誤正正誤
5誤誤誤正

正答 2

イ)中黄膏(ちゅうおうこう)は正しい記述です。(腫れ物)の初期、打ち身、捻挫がキーワードです。漢方には珍しく湿布のタイプ(パップ剤)のものもあるようです。

正答 5

カンゾウを含まないものを選べというものはよく見ますが、その逆パターンとは珍しい問題ですね。ちなみに防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)カンゾウマオウダイオウすべてを含んでいるものとしても有名です。
**を含む・含まないものという問題は漢方でも難易度が高い部類の問題です。下記のページにこれらをまとめていますのでご覧下さい。
登録販売者試験の漢方まとめ・覚え方【カンゾウを含まない漢方一覧他】