絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)[咳]【漢方の覚え方】

calendar

reload

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)[咳]【漢方の覚え方】

スポンサーリンク

適応する症状

咳、喘息など

配合される生薬

マオウキョウニンカンゾウ、セッコウ

覚えておきたいこと

体力中等度あるいはそれ以上で、咳が出て、ときにのどが渇くものの咳、小児喘息、気管支喘息、気管支炎、感冒、痔の痛みに用いられるが、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人等には不向きとされる。

絵で覚える


⭐️ときにのどが渇くものの咳や喘息に。
🙅胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人には✖︎
🌿マオウカンゾウ

●イラストは、キーワードの「ときにのどが渇く」様子です。右側は、配合生薬のキョウニン:杏仁です。キョウニンは、バラ科のホンアンズ、アンズ等の種子を基原とする生薬で、体内で分解されて生じた代謝物の一部が延髄の呼吸中枢、咳嗽中枢を鎮静させる作用を示すとされるとのこと。
食用では、杏仁豆腐にも使われています(๑>◡<๑)

ちなみに、この漢方名の由来は、全配合生薬の頭文字から取ったものです。
黄(オウ)・仁(キョウニン)・草(カンゾウ)・膏((セキ)セッコウ

ひと言

「ときにのどが渇く」というフレーズは麻杏甘石湯特有のものですので、神秘湯(しんぴとう) 、五虎湯(ごことう) と区別して覚えてみましょう!