絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

ネオスチグミンメチル硫酸塩・調節機能改善成分の覚え方

calendar

スポンサーリンク

作用

調節機能改善成分

主に配合される薬の分類

眼科用薬

覚えておきたいこと

  1. 自律神経系の伝達物質であるアセチルコリンは、水晶体の周りを囲んでいる毛様体に作用して、目の調節機能に関与している→目を酷使すると、アセチルコリンを分解する酵素(コリンエステラーゼ)の働きが活発になり、目の調節機能が低下し、目の疲れやかすみといった症状を生じる
  2. コリンエステラーゼの働きを抑える作用→毛様体におけるアセチルコリンの働きを助ける目の調節機能を改善する効果

絵で覚える


↑コリンエステラーゼはアセチルコリンの天敵のようなイメージです
そのアセチルコリンの味方がネオスチグミンですね( ̄▽ ̄)

ひと言

調節機能改善成分はネオスチグミンメチル硫酸塩だけです。特徴も多いのでしっかり覚えましょう!