絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

泌尿器系/尿路(尿管、膀胱、尿道)【第2章の覚え方】

calendar

reload

泌尿器系/尿路(尿管、膀胱、尿道)【第2章の覚え方】

スポンサーリンク

尿路

  1. 腎臓から膀胱を経て尿道に至る尿の通り道
  2. 尿のほとんどは水分で、尿素、尿酸等の老廃物、その他微量の電解質、ホルモン等を含む
  3. 尿は血液が濾過されて作られる→健康な状態であれば細菌等の微生物は存在しない

尿管

腎臓と膀胱をつなぐ菅

膀胱

  1. 下腹部の中央に位置し、尿を一時的に溜める袋状の器官
  2. 尿が膀胱に溜まってくると刺激が脳に伝わって尿意が生じる
  3. 膀胱の出口にある膀胱括約筋が緩むと、同時に膀胱壁の排尿筋が収縮し、尿が尿道へと押し出される

尿道

  1. 膀胱に溜まった尿が体外に排泄されるときに通る管
  2. 女性
    ①尿道が短い
    ②細菌などが侵入したとき膀胱まで感染しやすい
  3. 男性
    ①膀胱の真下に尿道を取り囲むように前立腺がある
    加齢とともに前立腺が肥大→排尿困難を生じるやすい
  4. 高齢者
    ①膀胱や尿道の括約筋の働きによって排尿を制御する機能が低下
    ②膀胱の容量が小さくなる→尿失禁を起こしやすくなる

ポイント


尿管と尿道は違います。「尿が体外に排泄されるときに通る」は、「」の文字があるので尿管と間違いそうですが、これは尿道の記述です。これで間違えるのはとてももったいないので、ちゃんとそれぞれの器官を理解しましょう!