絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)[鎮痛]【漢方の覚え方】

calendar

reload

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)[鎮痛]【漢方の覚え方】

スポンサーリンク

適応する症状

こむらがえり、筋肉の痙攣など

配合される生薬

シャクヤクカンゾウ

覚えておきたいこと

体力に関わらず、筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもののこむらがえり、筋肉の痙攣、腹痛、腰痛に適すとされる。ただし、症状があるときのみの服用にとどめ、連用は避ける。 まれに重篤な副作用として、肝機能障害のほか、間質性肺炎、鬱血性心不全や心室頻拍を生じることが知られており、心臓病の診断を受けた人では使用を避ける必要がある。

絵で覚える


⭐️足がつる(こむらがえり)とすごく痛いよね><そんなときは私を使って痛みを和らげてね。
🙅症状があるときだけに使うこと、長期連用は絶対ダメだよ!
🙅心臓病の診断を受けた人は使わないでね><
🌿カンゾウ

●イラストはボタン科のシャクヤク:芍薬をイメージしてます。頭が花、顔、体は根です。生薬は、シャクヤクの根が使われます。
鎮痛鎮痙作用、鎮静作用があり、内臓の痛みにも用いられます。

ひと言

生薬はシャクヤクとカンゾウの2種類だけなので、シンプルであるだけにその効果は強い漢方です。
「こむらがえり」といえば、芍薬甘草湯と覚えるようにしましょう!