絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

スコポラミン臭化水素酸塩・抗コリン成分の覚え方

calendar

スポンサーリンク

作用

抗コリン成分

主に配合される薬の分類

鎮暈薬、胃腸鎮痛鎮痙薬(*ブチルスコポラミン臭化物)

*ブチルスコポラミン臭化物は下記ページで解説しています。
胃腸鎮痛鎮痙薬の成分まとめ・覚え方①抗コリン成分/平滑筋弛緩成分

覚えておきたいこと

  1. 自律神経系の混乱を軽減消化管の緊張を低下させる
  2. 消化管からよく吸収され、脳内に移行しやすいが、肝臓で速やかに代謝されてしまうため作用の持続時間は短い
  3. スコポラミンを含む成分としてロートコンの軟エキスが配合されている場合もある。
  4. (抗コリン成分共通の注意点)
    散瞳による目のかすみや異常な眩しさ、顔のほてり、頭痛、眠気口渇、便秘、排尿困難等の副作用が現れることがある
    ②眠気の副作用→乗物又は機械類の運転操作を避ける
    排尿困難の症状がある人、心臓病又は緑内障の診断を受けた人は医師等に相談
    高齢者→排尿困難や緑内障の基礎疾患を持つ場合が多く、口渇や便秘の副作用が現れやすいため注意

絵で覚える

↑速やかに代謝されるが作用の持続時間は短いので、”スピードスター”って異名を勝手につけました(笑)

主な使用上の注意の記載とその対象成分・薬効群等(第5章対策)

してはいけないこと

  • 「本剤又は本剤の成分によりアレ ルギー症状を起こしたことがある人」
    *ショック(アナフィラキシー)等の重篤なアレルギー性の副作用
  • 「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」
    *目のかすみ、異常なまぶしさを生じる

相談すること

  • 「高齢者」
    *緑内障の悪化、口渇、排尿困難又は便 秘の副作用が現れやすいため
  • 「次の診断を受けた人」
    *排尿困難
    *心臓病
    *緑内障

ひと言

別の成分にはなりますが、「作用が現れるのが遅く 持続時間長い」抗ヒスタミン成分のメクリジンとは作用の時間が対照的なので、比較して覚えても面白いでしょう( ^∀^)