絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

消化器系/小腸【第2章の覚え方】

calendar

スポンサーリンク

小腸

  1. 全長6~7mの管状
  2. 十二指腸、空腸(上部40%)、回腸(残り60%)
    *明確な境目はない
  3. 十二指腸は、胃から連なる約25cm のC字型に彎曲した部分で、彎曲部には膵臓からの膵管と、胆嚢からの胆管の開口部があって、それぞれ膵液と胆汁を腸管内へ送り込んでいる
  4. 腸の内壁からは腸液が分泌され、十二指腸で分泌される腸液に含まれる成分の働きによって、膵液中のトリプシノーゲンがトリプシン(ペプトンをさらに細かく消化する酵素)になる
  5. 空腸で分泌される腸液(粘液)に、腸管粘膜上の消化酵素(半消化されたタンパク質をアミノ酸まで分解するエレプシン炭水化物を単糖類(ブドウ糖、ガラクトース、果糖)まで分解するマルターゼ、ラクターゼ等)が加わり、消化液として働く
  6. 小腸の運動によって、内容物がそれらの消化液(膵液、胆汁、腸液)と混和されながら大腸へと送られ、その間に消化と栄養分の吸収が行われる
  7. 小腸は栄養分の吸収に重要な器官であるため、内壁の表面積を大きくする構造を持つ
  8. 十二指腸の上部を除く小腸の内壁には輪状のひだがあり、その粘膜表面は絨毛(柔突起ともいう)に覆われてビロード状になっている→絨毛を構成する細胞の表面には、さらに微絨毛が密生して吸収効率を高めている
  9. 脂質(トリグリセリド)は、消化酵素(リパーゼ)の作用によって分解を受け小腸粘膜の上皮細胞から吸収脂質に再形成乳状脂粒(リポタンパク質の一種でカイロミクロンとも呼ばれる)となる。その際、脂溶性ビタミンも一緒に取り込まれる
  10. 水分の吸収は大半が小腸

ポイント

◯◯mや◯◯%とか、数字系が多くて暗記が大変・・。
私は苦手でしたので、イラストでは数字を中心にしています。
小腸の形からイメージしてみるのもありです(╹◡╹)