絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

トウガラシ[外皮用薬]生薬の覚え方・暗記方法・語呂合わせ

calendar

薬効分類

外皮用薬

覚えておきたいこと

  1. ナス科のトウガラシの果実を基原とする生薬。
  2. 皮膚に温感刺激を与え、末梢血管を拡張させて患部の血行を促す効果があるカプサイシンを含む

    *温感刺激成分は、人によっては刺激が強すぎて、副作用として痛みが現れることがある。 温感刺激成分を主薬とする貼付剤は入浴前後の使用も適当でなく、入浴1時間前には剥がし、入浴後は皮膚のほてりが鎮まってから貼付する。

絵で覚える


【語呂合わせ】

トウガラシカップル アツアツトウガラシ、カプサイシン、温感刺激(熱い)

トウガラシをキャラクターにしましたw

暗記ポイント

①トウガラシ→ナス科のトウガラシの果実を基原とする生薬(生薬名、基原名がどっちもトウガラシ)

②外皮用薬→温感刺激を与え、末梢血管を拡張させて患部の血行を促す効果があるカプサイシンを含む

【語呂合わせ】

トウガラシカップル アツアツトウガラシ、カプサイシン、温感刺(熱い)