絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

登録販売者試験の過去問からよく出る漢方問題を分析[東京版]

calendar

こんにちは!首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)ブロックの平成27年〜平成29年、東京ブロックの平成25年〜26年(計5年分)の過去問から頻出の漢方をまとめました!出題傾向や出題される漢方のランキングを作りました(╹◡╹)
*下記ページでは解説もしています。
東京ブロック漢方・生薬過去問解説

  • 首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)ブロックで試験を受験する人。
  • 試験によく出る漢方やキーワード、頻出問題を知りたい人。
  • 出題傾向やデータを知りたい人。
  • 漢方は範囲が多い・・覚えるコツやポイントが分からない・・と漢方の勉強に苦戦している人。
  • 漢方を捨てようと思っている人。

・・・は是非このページを見て活用してください!

スポンサーリンク

問題の出題傾向

全問漢方(4肢択一問題などの選択が全て漢方)

H29 4問
H28 6問
H27 4問
H26 2問
H25 3問

複合問題

H29 2問
H28 3問
H27 4問
H25 1問

主に症状ごとに漢方・生薬、薬の成分や病状などを合わせて第3章の知識を全般に問われる問題です。まんべんなく勉強して知識をつけていることが求められます。

キーワードで解ける問題

H29 5問
H28 4問
H27 5問
H26 1問
H25 1問

下記ページでまとめています!
登録販売者 漢方キーワード・適応まとめ/試験範囲全て網羅!保存版

(カンゾウ・マオウ・ダイオウの何れか)含む・含まない

H29 1問
H28 4問
H25 3問

キーワード問題よりも知識(暗記力)が必要です。

下記ページでまとめています!
登録販売者試験の漢方まとめ・覚え方【カンゾウを含まない漢方一覧他】

漢方の説明問題

H28 1問
H27 1問
H26 1問

”漢方薬とは・・”や”生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこと”というような基礎知識や常識で解けるタイプの問題です。ここには力を入れて対策しないでもいいかな?

その他

H28 2問(重篤な副作用の有無、穴埋め問題)
H27 2問(泌尿器用薬として使用される漢方処方製剤の正誤、 滋養強壮に用いられる主な漢方処方製剤の正誤)

これと言った枠に当てはまらない問題です。

漢方_試験頻出ランキング

過去問から、過去3年分・過去5年分に出題された漢方を多い順にまとめました!帰納法的に考えれば、このランキングにあるものが今後の試験に高確率で出題されます!
(なお、同率1位、2位がかなり多いので、3位は載せてません・・)

ちなみにランクインしている漢方には、下記のようにキーワードや出題された年等のデータを記しています。

過去3年分(平成27年〜平成29年)

👑第1位(出題率100%)

咳・痰

高血圧の随伴症状

この2つは必ず覚えましょう!

第2位

神経症・精神不安・不眠・小児の疳など

咳・痰

排尿異常

皮膚疾患・口内炎・にきび・二日酔いなど

虚弱体質

肥満症

過去5年分(平成25年〜平成29年)

👑第1位

かぜの諸症状

神経症・精神不安・不眠・小児の疳など

咳・痰

高血圧の随伴症状

排尿異常

皮膚疾患・口内炎・にきび・二日酔いなど

肥満症

第2位

身体の痛み

神経症・精神不安・不眠・小児の疳など

咳・痰

排尿異常

月経・更年期障害に伴う症状

皮膚疾患・口内炎・にきび・二日酔いなど

虚弱体質

(五十音順)全漢方キーワード・出題率リスト

過去5年間で出題された漢方を全てまとめてます。試験が難化し、必ずしも過去問の出題データをもって試験に出るとは言い切れない部分もありますので、より確実を求める方は下記のめとめぺージもご確認ください。

登録販売者 漢方キーワード・適応まとめ/試験範囲全て網羅!保存版

かぜの諸症状

身体の痛み

神経症・精神不安・不眠・小児の疳など

咳・痰

のどの痛み

胃の不調

腸の不調

動悸、息切れなど

高血圧の随伴症状

排尿異常

月経・更年期に伴う症状

皮膚疾患・口内炎・にきび・二日酔いなど

鼻の症状

外用剤

※出題なし

虚弱体質

肥満症

最後に押さえておきたいポイント!!

以上の傾向や出題された漢方をみて、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)ブロックの特徴は・・・

  1. 直近3年で漢方の出題数が急増している。
  2. 外用剤以外のジャンルの漢方は全て出題されている。
  3. 全体的に覚える必要があるが、特に咳・痰の症状に適用がある漢方から出題される傾向にある。

・・・以上です!

漢方の問題自体は多めです。ここには載せていませんが、生薬に関する問題も多いです。漢方・生薬が苦手な方は他府県で受験された方がいいかもしれません。
逆にちゃんと漢方・生薬を勉強していると他府県よりも難易度が低下します。

当ブログではイラストで漢方や生薬を解説しているので、文字だけでは全然頭に入らないという人でも意外とすんなり入ってくるかも?よかったら当ブログご活用ください^ – ^

この記事をシェアする

コメント

  • イラストが可愛くてがんばろう!と思えます✌️
    漢方は苦手ですがしっかり覚えられそうです🤗

    by 匿名 2018年8月22日 2:02 PM

  • コメントありがとうございます。

    そう言っていただいて嬉しいです^^
    漢方は最初は難しいですが、頭に入ってきたら解きやすい問題だと思います。頑張ってください!

    by とりっく 2018年8月22日 11:11 PM

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください