絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

東京H28)登録販売者試験過去問 漢方・生薬の問題解説/出題傾向

calendar

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県(首都圏ブロック)の平成28年度(2016年)の登録販売者試験の問題(過去問)について、第3章の漢方・生薬からの出題を解説します。

スポンサーリンク

当ページについて

  • 試験問題や回答については下記の東京都のwebサイトからこれらを確認し、解説等を作成しています。東京都福祉保健局(登録販売者試験に関するページ)*実際の過去問のPDFも無料で取得できます。
  • このページでは、漢方および生薬に関するものに焦点を当てて解説しています。従いまして、問題については一部を抜粋したものとなっております。
  • 過去問の回答を含んでいますのでご了承の上閲覧ください。

漢方・生薬 問題の出題傾向

漢方・生薬から16問出題されています。
そのうち、全問漢方についての問いが6問出題全問生薬についての問いが3問、その他項目を合わせた複合問題7問でした。

下記のページでも漢方の出題パターンをまとめていますので、よかったらご活用ください!試験で漢方・生薬を捨てるのはもったいないですので、苦手意識のある方も是非^ ^

問64(全問漢方)

鎮痛の目的で用いられる漢方処方製剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、体力に関わらず、筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもののこむらがえり、 筋肉の痙攣、腹痛、腰痛に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

b 呉茱萸湯(ごしゅゆとう)は、体力虚弱で、汗が出、手足が冷えてこわばり、ときに尿量が少ないものの関節痛、神経痛に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

c 疎経活血湯(そけいかっけつとう)は、体力中等度以下で、手足の冷えを感じ、下肢の冷えが強く、下肢又は下腹部が痛くなりやすいものの冷え症、腰痛、下腹部痛、頭痛、しもやけ、下痢、月経痛に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含まない。

d 薏苡仁湯(よくいにんとう)は、体力中等度なものの関節や筋肉のはれや痛みがあるものの関節痛、筋肉痛、神経痛に適すとされ、構成生薬としてカンゾウとマオウを含む。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

正答 2

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)は、「体力中等度以下で手足が冷えて肩がこり、ときにみぞおちが膨満するものの頭痛、頭痛に伴う吐きけ・嘔吐、しゃっくりに適すとされる。」という記述です。

b・・・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)の記述です。

疎経活血湯(そけいかっけつとう)は、「体力中等度で痛みがあり、ときにしびれがあるものの関節痛神経痛、腰痛、筋肉痛に適すとされるが、消化器系の副作用(食欲不振、胃部不快感等)が現れやすい等の理由で、胃腸が弱く下痢しやすい人には不向きとされる。」という記述です。

c・・・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうぎょうとう)の記述です。

問65(一部漢方)

眠気を促す薬とその配合成分等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、睡眠改善薬として一時的な睡眠障害の緩和に 用いられるだけではなく、慢性的に不眠症状がある人や、医療機関において不眠症の診断を受 けている人も対象としている。

b 小児及び若年者では、ジフェンヒドラミン塩酸塩により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮 などが現れることがある。

c ブロモバレリル尿素を含有する催眠鎮静薬は、胎児に障害を引き起こす可能性がないため、 妊婦の睡眠障害の緩和に適している。

d 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は、体力中等度以下で疲れやすく、興奮しやすいものの神経質、不眠症、 小児夜なき、夜尿症、眼精疲労、神経症に適すとされる。

**abcd
1誤正誤正
2正正正正
3誤正誤誤
4正誤正誤
5誤誤正誤 

正答 1

dは正しい記述です。

問68(全問漢方)

咳止めや痰を出しやすくする目的で用いられる漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 五虎湯(ごことう)は、体力中等度以上で、咳が強くでるものの咳、気管支喘息、気管支炎、小児喘息、 感冒、痔の痛みに用いられ、構成生薬としてカンゾウとマオウを含む。

b 柴朴湯(さいぼくとう)は、体力中等度で、気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、かぜをひきやすく、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴うものの小児喘息、気管支喘息、気管支炎、咳、不安神経症に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

c 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、体力中等度あるいはそれ以上で、咳が出て、ときにのどが渇くものの咳、小児喘息、気管支喘息、気管支炎、感冒、痔の痛みに適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

d 神秘湯(しんぴとう)は、体力中等度あるいはそれ以上で、咳、喘鳴、息苦しさがあり、痰が少ないものの 小児喘息、気管支喘息、気管支炎に用いられ、構成生薬としてカンゾウとマオウを含む。

**abcd
1誤正正正
2正正誤正
3正正誤誤
4誤誤正正
5正誤正誤

正答 2

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、「体力中等度をめやすとして、幅広く応用できる。気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸 、めまい、嘔気などを伴う不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声、のどのつかえ感に適すとされ、カンゾウを含まない」という記述です。

cの問いでは、「カンゾウを含む」と記述されているだけで誤りだということはわかりますね。

c・・・麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)の記述です。

問69(全問漢方)

喉の痛み等を鎮めることを目的とし、咳や痰に対する効果を標榜しない漢方処方製剤に関する次の記述について、正しいものはどれか。

体力中等度以上で、熱感と口渇が強いものの喉の渇き、ほてり、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみに適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸虚弱で冷え症の人 では、食欲不振、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。また、比較的長期間 (1ヶ月位)服用されることがある。

1駆風解毒散(くふうげどくさん)
2響声破笛丸(きょうせいはてきがん)
3桔梗湯(ききょうとう)
4白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)
5六君子湯(りっくんしとう)

正答 4

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)の記述です。キーワードは「熱感と口渇、皮膚炎

他の漢方は各リンクからご確認ください。

問72(一部生薬)

腸の薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a タンニン酸アルブミンに含まれるタンニンは、牛乳に含まれるタンパク質(カゼイン)から精製された成分であるため、牛乳にアレルギーがある人では使用を避ける必要がある。

b ヒマシ油は、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらすと考えられており、比較的瀉下作用が穏やかなため、主に乳幼児の便秘に用いられる。

c トリメブチンマレイン酸塩は、まれに重篤な副作用として肝機能障害を生じることがあるので、肝臓病の診断を受けた人では、使用する前に治療を行っている医師や処方薬の調剤を行った薬剤師に相談がなされるべきである。

d タンニン酸ベルベリンは、タンニン酸(収斂作用)とベルベリン(抗菌作用)の化合物であり、消化管内ではタンニン酸とベルベリンに分かれて、それぞれ止瀉に働くことを期待して用 いられる。

**abcd
1正誤誤誤
2正正誤誤
3誤誤正誤
4誤正誤正
5誤誤正正

正答 5

ヒマシ油は、腸内容物の急速な排除を目的とするため3歳未満の乳幼児には使用できません。cは誤りです。

問76(全問生薬)

強心薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a センソは、ヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬 で、微量で強い強心作用を示し、一般用医薬品では、1日用量が5mg以下となるよう用法・ 用量が定められている。

b ゴオウは、ウシ科のサイカレイヨウ等の角を基原とする生薬で、強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる等の作用があるとされる。

c ジャコウは、シカ科のジャコウジカの雌の麝香腺分泌物を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を鎮める等の作用があるとされる。

d ロクジョウは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、 若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬で、強心作用のほか、強壮、血行促進等の 作用があるとされる。

**abcd
1正正誤正
2正誤正誤
3正誤誤正
4誤正誤誤
5誤誤正誤

正答 3

ゴオウは、「ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石。末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を静める等の作用もある。」という記述です。

b・・・レイヨウカクの記述です。

ジャコウは、「呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる等の作用」です。

cの「強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を鎮める等の作用」はゴオウのものです。

問79(一部漢方)

循環器用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ヘプロニカートは、ニコチン酸を遊離し、そのニコチン酸の働きによって末梢の血液循環を 改善する作用を示すとされる。

b ルチンは、ビタミン様物質の一種で、高血圧等における毛細血管の補強、強化の効果を期待して用いられる。

c 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)は、体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重)に適すとされ、構成生薬としてダイオウは含まない。

d 七物降下湯(しちもつこうかとう)は、体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、 鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に適すとされる。

**abcd
1誤正誤正
2正誤正正
3正正正誤
4誤誤正誤
5正正誤誤

正答 5

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)と 七物降下湯(しちもつこうかとう)はそれぞれが逆の記載です。

問80(一部生薬)

内用痔疾用薬の配合成分に関する次の記述について、正しいものの組合せはどれか。

a セイヨウトチノミは、トチノキ科のセイヨウトチノキ(マロニエ)の種子を用いた生薬で、 主に抗炎症作用を期待して用いられる。

b カイカは、シソ科のコガネバナの周皮を除いた根を基原とする生薬で、抗炎症作用を期待して用いられる。

c カルバゾクロムは、毛細血管を補強、強化して出血を抑える働きがあるとされ、止血効果を 期待して配合されている場合がある。

d トコフェロール酢酸エステルは、血管を収縮する働きがあるとされ、止血効果を期待して用 いられる。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

正答 2

aは正しい記述です。

カイカは、「カイカはマメ科のエンジュの蕾を基原とする生薬、カイカクはマメ科のエンジュの成熟果実を基原とする生薬で、止血効果を期待して用いられる。」というのが正しい記述です。

b・・・オウゴンの記述です。

問81(全問生薬)

次の泌尿器用薬の配合成分のうち、利尿作用のほかに、尿路の殺菌消毒効果を期待して 用いられる生薬成分はどれか。

1 ウワウルシ
2 キササゲ
3 サンキライ
4 ソウハクヒ
5 ブクリョウ

正答 1

2〜5の生薬は各リンクページからご確認ください。

問82(一部漢方)

婦人薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 人工的に合成された女性ホルモンの一種であるエチニルエストラジオール、エストラジオールを含有する婦人薬は、一般用医薬品では内服薬のみが認められている。

b桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、体力虚弱なものの月経不順や更年期障害に伴う諸症状の緩和に用いられる 漢方処方製剤であり、特に重篤な副作用は知られていない。

c 妊娠中の女性ホルモン成分の摂取によって胎児の先天性異常の発生が報告されており、妊婦 又は妊娠していると思われる女性では使用を避ける必要がある。

d 女性の月経や更年期障害に伴う諸症状の緩和に用いられる漢方処方製剤として、四物湯(しもつとう)温清飲(うんせいいん)当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)があり、これらは構成生薬としてカンゾウを含まない。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

正答 5

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、「比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの、月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ、湿疹・皮膚炎、にきびに適すとされるが、体の虚弱な人 (体力の衰えている人、体の弱い人)では不向きとされる。まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。」という記述です。

dは正しい記述です。

問83(全問漢方)

内服アレルギー用薬の漢方処方製剤に関する次の記述について、( )の中に入れ るべき字句の正しい組合せはどれか。
内服アレルギー用薬の漢方処方製剤のうち、( a )及び( b )は、皮膚の症状を主と する人に適するとされ、いずれも構成生薬として( c )を含む。

正答 4

4の組み合わせが正しいです。

問91(一部生薬)

みずむし・たむし用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれ か。

a クロトリマゾールは、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過 性を変化させることにより、その増殖を抑える。

b ピロールニトリンは、菌の呼吸や代謝を妨げることにより、皮膚糸状菌の増殖を抑える。

c シクロピロクスオラミンは、患部を酸性にすることで皮膚糸状菌の発育を抑える。

d 生薬成分として、カシュウ(タデ科のツルドクダミの塊根を基原とする生薬)が皮膚糸状菌の増殖を抑える作用を期待して用いられる。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

正答 1

カシュウ(タデ科のツルドクダミの塊根を基原とする生薬*この記述はOK)は、「頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用」なのでdは誤りです。

問92(一部生薬)

歯痛・歯槽膿漏薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 歯痛薬は、歯の齲 蝕 (むし歯)が修復されることにより歯痛を応急的に鎮めることを目的とする一般用医薬品である。

b セチルピリジニウム塩化物は、歯肉溝での細菌の繁殖を抑える殺菌消毒成分である。

c カミツレはキク科のカミツレの頭花を基原とする生薬で、抗炎症、抗菌などの作用を期待して用いられる。

d イソプロピルメチルフェノールは、炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える作用を期待して配合されている。

**abcd
1正正誤誤
2誤正正誤
3正誤正誤
4誤誤誤正
5誤正誤正

正答 2

問95(全問漢方)

次の漢方処方製剤のしばり(使用制限)と適用となる症状に関する記述の正誤について、 正しい組合せはどれか。

漢方処方製剤

しばり(使用制限)

適用となる症状

a

体力中等度以下で、口渇があり、 尿量少なく、便秘するもの

 蕁麻疹、口内炎、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ

b

体力中等度以下で、疲れやすく、 汗のかきやすい傾向があるもの

肥満に伴う関節痛、むくみ、 多汗症、肥満(筋肉にしまり のない、いわゆる水ぶとり)

c

体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便 秘の傾向があるもの

胃炎、常習便秘、高血圧や肥 満に伴う肩こり・頭痛・便秘、 神経症、肥満症

d

体力中等度以上で、赤ら顔でと きにのぼせがあるもの

にきび、顔面・頭部の湿疹・皮膚炎、赤鼻(酒さ)

**abcd
1誤正誤正
2正誤誤正
3誤正正誤
4正正正誤
5誤誤正正

正答 1

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は「体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症、湿疹・皮膚炎、ふきでもの、肥満症に適す」という記述なのでaは誤りです。

aは茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)の記述に近いと思いますが、”体力中等度以下”ではなくて”以上”なので正確には当てはまるものはありません。デタラメというかいじわるな問題ですね><

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)は、「体力虚弱なものの病後・術後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え貧血に適す」という記述なのでcは誤りです。

c・・・大柴胡湯(だいさいことう)の記述です。

問96(全問漢方)

漢方処方製剤及び生薬製剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 患者の「証」に合わない漢方処方製剤が選択された場合には、効果が得られないばかりでなく、副作用を招きやすくなる。

b 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合には、生後3ヶ月未満の乳児にも使用することができる。

c 生薬製剤は、生薬成分を組み合せて配合された医薬品で、漢方処方製剤と同様に、使用する人の体質や症状その他の状態に適した配合を選択するという考え方に基づくものである。

d 生薬製剤に配合される生薬成分は、医薬品的な効能効果が標榜又は暗示されていなければ、 食品(ハーブ)として流通することが可能なものもある。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

正答 2

漢方は生後3ヶ月未満は使えませんのでdは誤りです。aの記述は明らかに正しいと判断できると思うので消去法で正解を割り出せますね。

問97(全問生薬)

生薬成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a チクセツニンジンは、ウコギ科のトチバニンジンの根茎を、通例、湯通ししたものを基原と する生薬で、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。

b サンシシは、ムラサキ科のムラサキの根を基原とする生薬で、組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。

c サンザシは、マメ科のサンザシの偽果をそのまま又は縦切若しくは横切したものを基原とする生薬で、解熱、鎮痙の作用を期待して用いられる。

d ボウフウは、セリ科のボウフウの根及び根茎を基原とする生薬で、発汗、解熱、鎮痛、鎮痙等の作用を期待して用いられる。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、d) 5(c、d)

正答 3

サンシシは、「 アカネ科のクチナシの果実を基原とする生薬で抗炎症、血行促進等の作用を期待されて用いられる」という記述です。

bはシコンの記述です。

サンザシは、「バラ科のサンザシ又はオオミサンザシの偽果をそのまま、又は縦切若しくは横切したものを基原とする生薬で健胃、消化促進等の作用を期待して用いられる」という記述です。

cは・・・”マメ科”のザンザシという記述は全くのデタラメですね〜少なくとも手引きではそのような記述はありませんし・・(-。-;