絵で覚える登録販売者

薬の成分、漢方など(第3章の項目)を中心に、絵で覚える登録販売者試験対策ブログです。

ビタミンB1(チアミン)の覚え方

calendar

スポンサーリンク

成分の別名など

チアミン塩化物塩酸塩、チアミン硝化物、ビスチアミン硝酸塩、チアミンジスルフィド、フルスルチアミン塩酸塩、ビスイブチアミン

主に配合される薬の分類

滋養強壮保健薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、眠気防止薬、婦人薬

覚えておきたいこと

  1. ビタミンB1=チアミン
  2. 水溶性ビタミン
  3. 炭水化物の代謝関与
  4. 神経の正常な働きを維持
  5. 腸管運動を促進
  6. 神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、便秘、眼精疲労脚気の症状の緩和
  7. 肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時におけるビタミンB1 の補給
  8. かぜ薬→疲労回復の作用
  9. 解熱鎮痛薬→発熱等によって消耗されやすいビタミンの補給
  10. 眠気防止薬→眠気を抑える成分ではないが、眠気による倦怠感を和らげる補助成分として配合
  11. 婦人薬→疲労時に消耗しがちなビタミンの補給

7〜11は疲労回復や補給のものが大半です。

絵で覚える

↑炭水化物の代謝に関与するビタミンなので、ご飯をイメージしたキャラクターです🍚

ひと言

ビタミンB1が不足すると脚気になることはとても有名です。でも登録販売者試験では、”神経痛や眼精疲労”に効くことなど、一歩踏み込んだ知識を問われるケースが多いのでしっかり覚えましょう(╹◡╹)

🌟別名語呂合わせ🌟
琵琶湖(びわこ)のチアガール→B1びーわん)、チアミン